2017年01月05日

みな青年である

過去の生活がどんなに暗いものであっても、

どれほど大きな失敗や過誤にみちていても、

心の眼を前方にそそぎ、

希望にもえて日日をつとめはげむ人は、

年齢の多少にかかわらず、

みな青年である。


posted by しょっさん at 10:25| Comment(0) | 仏教の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。